お客様の声

お客様の声は以下の通りです。(個人情報保護の観点から、お名前等は伏せさせていただきます)

2019年2月
昨日は代理店会での講演会、誠にありがとうございました。経営品質に対する熱い講演をお聞きでき、とても貴重な時間を得ることが出来ました。
私は入社3年目ということもあり、経営目線というより従業員目線の部分で感じることも多く、これだけトップの方が全員で同じ方向を向いて、ビジョンをつくっていく会社であればモチベーションも高まるという点に非常に納得感がありました。
また恐縮ながら、改めて自社に入社できたことを誇りに感じました。
当社の代理店さんからも講演会について、好評のお声をたくさんいただきました。
年度末まで残りわずかですが、数年後先のビジョンについても代理店さんと一緒に考えていきたいと思います。ありがとうございました。
【望月より御礼】
ありがとうございます。私も久しぶりに多くの代理店さんとお会いできて、楽しい時間でした。また是非よろしくお願いいたします。

2019年1月
こんにちは。いつもありがとうございます。昨日も心に響くプログラムを実施いただき、誠に感謝申し上げます。
1期生に続き、2期生も、気づきを行動に少しずつ移し行動するメンバーが各部門で毎回増えており、大変嬉しく感じております。
また、アセスメントや戦略についても、今後PDCAを繰り返しすることで、質の良いものとしていきたいと思います。引き続き、働きがいのある風土の醸成ができるよう、取り組んでまいります。
【望月より御礼】
いつもありがとうございます。
経営品質の向上に終わりはありません。継続がなりより重要となります。引き続きよろしくお願いいたします。

2018年12月
本日は、非常に為になるお話ありがとうございました。長時間の研修でしたが、あっと言う間でした。もっといろいろお話を伺いたいと思いました。
業務にあたり、いつもトップダウンとボトムアップのバランスが難しいと思っております。
本日のお話は、長期的な会社の体力をつけることとして、従業員のボトムアップによ
りやる気と満足度を向上させるということかと理解しました。
しかし、通常業務の中で、作業量は変わらず残業時間を減らすと考えた時に
トップダウン型の指示により作業のゴール(クオリティや量)を決める必要も出てくる
のではないかと思います。トップダウンとボトムアップの話がありますが、そのあたりをどう考えればよいでしょうか。
私も以前、別の会社で働いており、元の会社では残業と減らす為、強制的な消灯や、厳密な残業時間、作業スケジュールの管理をされておりました。当社の業界では、残業が当たり前、特に意匠設計は納得するまで考える、といった性格の人が多く、トップダウンの命令がないと残業を減らすという社会的な要求がクリアできないケースが多いのではないかと思います。トップダウンとボトムアップのバランスについてお考えを頂ければ幸いです。
【望月より御礼】
いつもありがとうございます。経営においてデジタルで1か0で判断できることはほとんどありません。時と場合によって、あるときは9対1 あるときは7対3 あるときは五分五分、3対7です。これをトレードオフと言います。
このようにトップダウンとボトムアップは割合を少しずつ良い方向に変化させていくことが大切ではないかと思います。
少しずつボトムアップに持って行ければ良いのではないでしょうか?
今後ともよろしくお願いいたします。

2018年11月
昨日は、大変有意義なセミナーに参画できましたこと心より感謝申し上げます。
弊社は、前身から数えますと40年余の歴史はあるものの、今年の8月に産声を上げたばかりの若い会社です。
会社の立ち上げから現在にかけて、通常では到底考えられないような理不尽すぎる試練を体験しておるところですが、社員全員の後押しもあって前を見ながら進んでいる状況です。このような状況下であるため、望月社長の体験談は非常に身近な話として拝聴できました。
実際に行ってこられたことを反芻しながら進んでいこうと強く思っております。
経営理念、経営ミッション、経営ヴィジョンもこれまでの経験を思い起こし策定致しました。策定した後も全社員に気持ちを伝えている真っただ中ですが、これまでと大きく違った考え方に対しても全社員関心をもって聞いてくれています。
これからオセロの四隅の項目をまずしっかりと全社員と一緒に共有していくべく邁進する所存です。
そして、セミナーで学ばせていただきましたとおり、社内、社外ともに価値観の共感、共鳴、共振が実現できるよう一歩ずつ目標を定めて歩を進めて参りたいと考えております。そのようなことも含め、昨日のセミナーは、私自身にとりまして、これまで以上に意を強く持てる源になりました。心より感謝申し上げます。
またお会いできますこと、楽しみにしております。
最後に、今後のご活躍を強く強く祈念申し上げまして、御礼の言葉とさせていただきます。大変ありがとうございました。
【望月より御礼】
このようなお言葉を頂くと私もとても元気になります。大変な事もまだまだアルト思いますが引き続きよろしくお願いいたします。

2018年10月
望月様
先日はセミナーを実施いただきありがとうございました。また、温かいメッセージをいただきありがとうございます。 事務局の準備、運営に至らない点があったかと存知ますが、最後まで熱の入ったご講義をいただきましてありがとうございます。
 先生の勉強会は3年目ですが、社内で「経営品質」という言葉が聞かれるようになり、「あれ?何かが変わってきている」と昨年感じました。一方、日々の業務では、ひとりのリーダーの想いだけではなんともならない厳しい状況があることも間違いありませんので、先日の受講者の皆さまの様子を拝見し「悩みながら、何とか変えていきたい」と思っておられることを感じました。
 先生がおっしゃってくださっていましたように、すぐには変わらないと思います。「自分の想いと行動を変える」ことで、会社全体が変わることを信じて、少しずつ前進できればと思います。11月も何卒よろしくお願い申し上げます。
【望月より御礼】
こちらこそ、行き届いたサポートありがとうございます。私も明らかに変わってきたように実感してます。次回もよろしくお願いいたします。

前ページ 次ページ